同時代史学会
Japanese Association for Contemporary Historical Studies

開設 2003年9月25日/最終更新 2022年11月20日


お知らせ

同時代史学会・第33回関西研究会のお知らせ

みなさま

平素は本会の活動をご支援いただき、まことにありがとうございます。
さて、同時代史学会・第33回関西研究会ですが、下記のように対面にて開
催いたします。
みなさまお誘い合わせのうえ、よろしくご参加のほど、お願いいたします。
====
同時代史学会・第33回関西研究会
〈報告者〉
柳原恵氏(立命館大学)「〈辺境〉から日本のフェミニズムを再考する――東北-九州の思索と実践を中心に」(仮)

【参考文献】
・柳原恵「東北のおなごたちが読んだ森崎和江」『現代思想』2022年11月臨時増刊号、2022(10月26日発売予定)

・柳原恵『〈化外〉のフェミニズム――岩手・麗ら舎読書会の〈おなご〉たち』ドメス出版、2018

【概要】
東北・岩手においてフェミニズム的視点から活動してきた詩人・小原麗子と文筆家・石川純子は、森崎和江の思想に同時代的に触れ、影響を受けてきました。
森崎のほかにも河野信子ら九州の『サークル村』や『無名通信』の女性たちとも交流を持っていました。
本報告では、東北と九州の女性たちの思索と実践を視野に入れることで、都市部中心で描かれてきた日本のフェミニズム(史)をどのように問い直せるかについて考えます。
日時:2022年11月26日(土)13:30~16:30
ラボール京都(http://laborkyoto.jp/)第1会議室
(阪急京都線西院駅徒歩1分)
参加費:無料(会員外の方にもお声をおかけ下さい)

配信担当:河西秀哉

同時代史学会2022年度大会「70年代の国際関係の変動の歴史的意義を考える

 今年度の同時代史学会大会は、本年12月3日(土)、日本大学法学部10号館(東京都千代田区)及びオンライン(ZOOM)によるハイブリッド開催となります。特設ページに趣旨文、タイムスケジュール、報告者、報告要旨、コメンテーター、自由論題報告要旨等を掲載しました。

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2023年度前期募集

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館・川口NHKアーカイブス、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。
○2023年度前期閲覧期間2023年4月~9月(1組30日間まで利用可)
※コロナ感染防止のため閲覧が延期・停止になる場合があります。
○募集対象者 大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
○募集締め切り 2023年1月31日
○募集研究数 放送博物館(6組)・川口NHKアーカイブス(4組)・大阪放送局(2組)
応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

過去のお知らせ

ご案内


同時代史学会(Japanese Association for Contemporary Historical Studies
創立 2002年12月8日
事務局
〒101-8375
東京都千代田区神田三崎町2−3−1
日本大学法学部9603研究室 原山浩介気付
郵便口座番号: 00120-8-169850
口座名: 同時代史学会(ドウジダイシガッカイ)
E-mail: info★doujidaishi.org (★ を @ に置き換えてください)
※同時代史学会への一般的なお問い合わせは事務局へお願いします。